配偶者ビザの取得方法

中国でビザを申請する時の注意点・必要書類

投稿日:2017年3月20日 更新日:

【広告】 配偶者ビザ申請 100,000円 土日祝・夜間・出張相談可能       国際結婚は、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

在中国日本大使館では、ビザの手続きをしておりません。代理申請期間に申請します。

 

認定証明書が交付されたら、海外にいる外国人パートナーに郵送します。

国際郵便の場合、中国の主な都市への配達日数は2~3日です。

認定証明書が届いたら、それを手にビザ申請をします。

 

ここに注意してください

このホームページでも、配偶者ビザ、日本人の配偶者等ビザ・・・というように、

ビザと言っていますが、本当は在留資格のことを指します。

ただ、世間的にビザの方が理解しやすいと思いますので、ビザと言っています。

在留資格は、日本入国後に与えられる身分証明

ビザは、日本に入国する前に発給される日本大使館・総領事館の入国審査官に対する紹介状です。

 

ですが、在中国日本大使館は北京にありますが、ビザ手続きは行っておりません。

では、どこでビザ手続きを行っているかというと、大使館が委託しているビザ代理申請機関です。

ビザ代理申請期間の一覧(在中国日本大使館のホームページ)

こちらで、申請をしてください。

ビザ申請で、必要な書類

在留資格によって、必要な書類が違います。

共通する必要書類は、

➀ビザ申請書

➁パスポート

➂居住証or暫住証などの居住証明証(管轄地域内に本籍を有しない場合のみ)

➃在留資格認定証明書の原本とコピー

で、

日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、家族滞在、定住者の在留資格の方は、

姻調査表or親族関係調査表が必要になります。

※婚婚姻同居を目的に在留資格認定証明書を取得された場合は、婚姻調査表を記載します。

 

【日数】 申請日の翌日~4営業日

 

 

お問い合わせ


※「単なる質問、必要書類を聞きたいだけの方にはお答えいたしません!ご遠慮ください。」

↓専門家にご依頼をご検討中の方でご相談をされる方は、こちらの電話番号におかけください。または、お問い合わせフォームからお問い合わせください↓

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

TEL 090-4160-0289

 

-配偶者ビザの取得方法

愛知県名古屋市中区丸の内二-2-19
シティコーポ東照601号
TEL 052-201-5182
地下鉄鶴舞線 丸の内駅1番出口から徒歩3分
桜通線 丸の内駅4番出口から徒歩5分
国際結婚に関するご相談は、お気軽に!

no image

2018/09/17

お客様の声

Copyright© 名古屋国際結婚手続き・ビザ相談.com , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.