配偶者ビザの取得方法

日本人の配偶者等ビザ申請で、同居は必要か?

投稿日:2017年6月12日 更新日:

【広告】 配偶者ビザ申請 100,000円 土日祝・夜間・出張相談可能        国際結婚は、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

 

配偶者ビザは、同居が必要

日本人の配偶者等ビザを取得するには、日本人の配偶者と同居していることが重要です。

もし、新規で申請するときやビザ更新時に同居していないなら、細心の注意をもって入国管理局に説明をする必要があります。

 

呼び寄せ(認定)なら、外国人配偶者は海外にいるので、同居は「予定」ということになります。

ですが、変更申請や更新申請なら、同居することはできるはずです。

 

 

単身赴任でも、変更申請やビザ更新はできるか?

単身赴任も、相当の注意が必要です。

単身赴任は、会社の命令で地方に転勤することですが、これも言ってしまえば別居です。

家庭の事情はあるでしょうが、夫婦2人で勤務地に住むという選択肢もあるはずです。

配偶者の一方だけが単身で勤務地に赴任することになった、合理的な理由が必要です。

 

これは、やはり入国管理局が偽装結婚を警戒しているからだと思われます。

偽装結婚のために、同居することは考えにくいです。

 

 

お問い合わせ

   

ご予約はこちらから↓

相談料 3,000円

※必要書類だけ、質問だけ聞きたい方、必要書類だけ聞きたい方については、ご質問にお答えできません。電話は受け付けません。

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

 

専門家にご依頼をご検討中の方でご相談をされる方は、こちらの電話番号におかけください。または、お問い合わせフォームからお問い合わせください↓

TEL 090-4160-0289

 

 

 

-配偶者ビザの取得方法

愛知県名古屋市中区丸の内二-2-19
シティコーポ東照601号
TEL 052-201-5182
地下鉄鶴舞線 丸の内駅1番出口から徒歩3分
桜通線 丸の内駅4番出口から徒歩5分
国際結婚に関するご相談は、お気軽に!

Copyright© 名古屋国際結婚手続き・ビザ相談.com , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.