国際結婚の手続きをする前に

在留資格とビザの違い

投稿日:2017年3月19日 更新日:

【広告】 配偶者ビザ申請 120,000円 土日祝・夜間・出張相談可能       国際結婚は、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

国際結婚をする前に、ビザと在留資格の違いについて知りましょう

ビザを聞いたことはありますか?

海外旅行をしたことがある人は聞いたことがあるかもしれません。

では、在留資格は聞いたことはありますか?

おそらく、ほとんどないでしょう。 ビザと在留資格を知ることは、国際結婚の手続きにも結婚後の生活についても非常に重要です。ですので、しっかりと覚えてください。

 

 

外国人が日本に入国する流れ

例えば、国際結婚をした外国人パートナーがまだ海外にいる場合。

ここでは、中国としましょう。日本で一緒に暮らしたいのなら、そのパートナーを、海外から日本に呼び寄せる必要がありますよね?

まず、外国人パートナーが現地にある日本大使館・領事館に行って「ビザ」を取得します。例えば、在中国日本大使館や在香港日本総領事館、在上海日本総領事館です。

このビザとパスポートを持って、日本国に入国して審査を受けます。

ビザとは、日本大使館や領事館が入国審査をする「入国審査官」に対して発行する紹介状のようなものです。 「この○○さんは、日本人と結婚して日本で暮らすために入国します。こちらで調べた結果、○○さんに問題はありません。日本に入国しても問題はないと思います」というような内容です(実際の内容とは違いますが)。

入国審査が終わり、入国後に今度は「在留資格」が与えられます。

 

在留資格ってなに?

この在留資格とは、日本における外国人の身分証明です。 在留資格は現在27種類あります。

この中で配偶者ビザと呼ばれるものは、

「日本人の配偶者等」

「永住者の配偶者等」

「家族滞在」

「定住者」 と呼ばれるものです。

例えば、日本人と結婚した外国人は、「日本人の配偶者等」という在留資格を与えられます。「日本人と結婚した外国人」という身分証明です。

外国人と結婚して日本で暮らす外国人は、「家族滞在」と呼ばれる在留資格です。「同国or異国の外国人と結婚して日本で暮らしている外国人」という身分証明です。

まとめると、 日本に入国する前に取得するものが「ビザ」。 日本に入国した後に与えられるものが「在留資格」。 になります。

ちなみに、なぜ結婚後もこの在留資格が重要になるかというと、「在留資格」には有効期限があり、その期限が切れてしまうと「在留資格」が取り消されてしまい、本国に帰らなければならなくなるからです。

ですので、パートナーの在留資格の有効期限を知っておき、管理することは重要なのです。

 

お問い合わせ

 

相談料 3,000円(専門家にご依頼をご検討でのご相談)

※単なる質問、必要書類を聞きたいだけの方にはお答えいたしません!

 

↓専門家にご依頼をご検討中の方でご相談をされる方は、こちらの電話番号におかけください。または、お問い合わせフォームからお問い合わせください↓

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

TEL 090-4160-0289

 

-国際結婚の手続きをする前に

愛知県名古屋市中区丸の内二-2-19
シティコーポ東照601号
TEL 052-201-5182
地下鉄鶴舞線 丸の内駅1番出口から徒歩3分
桜通線 丸の内駅4番出口から徒歩5分
国際結婚に関するご相談は、お気軽に!

Copyright© 名古屋国際結婚手続き・ビザ相談.com , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.