国際結婚の手続きをする前に

国際結婚の手続きは、難しいのか?

投稿日:2017年3月19日 更新日:

【広告】 配偶者ビザ申請 120,000円 土日祝・夜間・出張相談可能       国際結婚は、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

 

国際結婚の手続きは、複雑で難しいです

なぜ、難しいのか?

日本人同士が結婚する手続きは、役所への婚姻届だけで済みます。

しかし、国際結婚の場合。

日本人と外国人が結婚するには、日本人同士の手続き+α、手続きが増えます。 この+αが、複雑で難しいです。

例えば、婚姻届を出す前に、外国人パートナーの母国から婚姻要件具備証明書というものを入手し、パスポートなどと一緒に、居住地の区役所などに提出します。 これは国によって書類が違っていることがよくあります。中国や韓国、ブラジル、ベトナム、フィリピン、アメリカ・・・などなど。それぞれ、書類が違います。

また、この婚姻要件具備証明書を日本語に翻訳する必要があります。母国語で書かれたものを役所に提出しても、受理されません。

さらに、日本で先に結婚式を挙げるのか、それとも外国で先に結婚式を挙げるのかによって、手続きも書類も違います。

外国で先に結婚式を挙げるなら、今度は日本人が婚姻要件具備証明書を法務局から入手しなければなりません。

その後、外務省で認証し、各国の駐日本大使館・領事館でも認証なければなりません。

また、日本は法律婚と呼ばれ、法律形式に則った方法で手続きをしますが、外国では独自の宗教婚(神父などの前で宣誓するなど)があります。 法律婚ももちろんありますが、国によって手続きは全然違います。

 

日本で暮らしたのなら、配偶者ビザが必要

そして、日本で暮らしたいのであれば、「日本人の配偶者等」などの配偶者ビザを入国管理局に申請し、取得しなければなりません。

この配偶者ビザを取得できなければ、日本で結婚生活を送ることは絶対にできません。 なので、国際結婚の手続きをするには、きちんとしたスケジュールで慎重にしなければならないのです。

そして、配偶者ビザがいちばん難しいのです。

お問い合わせ

相談料 3,000円

 

※単なる質問、必要書類を聞きたいだけの方にはお答えいたしません。ご遠慮ください。

 

↓専門家にご依頼をご検討中の方でご相談をされる方は、こちらの電話番号におかけください。または、お問い合わせフォームからお問い合わせください↓

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

TEL 090-4160-0289

 

 

 

-国際結婚の手続きをする前に

愛知県名古屋市中区丸の内二-2-19
シティコーポ東照601号
TEL 052-201-5182
地下鉄鶴舞線 丸の内駅1番出口から徒歩3分
桜通線 丸の内駅4番出口から徒歩5分
国際結婚に関するご相談は、お気軽に!

Copyright© 名古屋国際結婚手続き・ビザ相談.com , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.