必要書類一覧

連れ子定住ビザ申請書の書き方(認定)2枚目

投稿日:2017年6月10日 更新日:

【広告】 配偶者ビザ申請 100,000円 土日祝・夜間・出張相談可能        国際結婚は、外国人ビザ専門の行政書士清水オフィスにおまかせください!

 

連れ子定住ビザの申請書の書き方を解説します。

法務省のホームページから、認定証明書交付申請書をダウンロードしてください。

 

 

認定証明書交付申請書の書き方

【2枚目】

 

 

1.身分又は地位

『日本人・永住者・特別永住者・日本人の配偶者・永住者の配偶者または「定住者」の未成年で未婚の実子』に、を入れます。

 

 

2.婚姻、出生又は縁組の届出先及び届出年月日

⑴は、日本での届出先です。

市区町村役場の名前、届出の年月日を記載します。

忘れたら、戸籍謄本に年月日が書いてあるので、確認してください。

通常は、空欄でしょう。

もし、日本人配偶者と養子縁組をしたら、養子縁組届出をした役所を書いてください。

例:愛知県名古屋市西区(養子縁組)

 

⑵外国人側の母国での届出先と年月日を記入します。

出生届出をした役所を書きます。

例:中国〇〇市民政局(出生)

 

 

3.申請人の勤務先等

外国人配偶者が来日して勤務する会社が決まっている場合、記入します。

決まっていなかったら、「なし」と記入します。

通常、「なし」です。

 

 

4.滞在費支弁方法

日本での生活費はだれが出すかということです。

通常、外国人の親か日本人の配偶者が身元保証人となります。

⑴身元保証人にします。

金額は、収入に合わせて記入してください。

 

⑵と⑶はそれぞれの状況に応じて、記載してください。

何もなければ、空欄でOKです。

 

 

お問い合わせ

    

ご予約はこちらから↓

相談料 3,000円

※必要書類だけ、質問だけ聞きたい方、必要書類だけ聞きたい方については、ご質問にお答えできません。電話は受け付けません。

お問い合わせは、➀電話or②お問い合わせフォームから。

 

専門家にご依頼をご検討中の方でご相談をされる方は、こちらの電話番号におかけください。または、お問い合わせフォームからお問い合わせください↓

TEL 090-4160-0289

 

 

 

-必要書類一覧

愛知県名古屋市中区丸の内二-2-19
シティコーポ東照601号
TEL 052-201-5182
地下鉄鶴舞線 丸の内駅1番出口から徒歩3分
桜通線 丸の内駅4番出口から徒歩5分
国際結婚に関するご相談は、お気軽に!

Copyright© 名古屋国際結婚手続き・ビザ相談.com , 2023 AllRights Reserved Powered by micata2.